機械システム工学科


WHAT'S NEW


機械工学・・・産業を支える基幹技術

 自動車や航空機などの輸送機械,テレビや冷蔵庫などの家電製品,時計やカメラなどの精密機械だけでなく,プラスチック製品や衣料品さらには加工食品などを作るときにも機械工学の知識が必要です。

 このように機械工学を学んだエンジニアは,工業製品を生産するすべての分野で必要とされており,特に最近では,従来の機械工学の知識に,コンピュータの知識を応用・融合させることが求められています。

 そのため,機械システム工学科では,全学年において,コンピュータを使った授業を行いながら,各分野(熱・流体,材料・材力,生産・設計,情報・制御)の授業で専門知識や技術を学び,機械実習・製図・機械工学実験や第5学年での卒業研究などにおいて総合的に応用していきます。

 学科紹介パンフレットが,以下のリンクをクリックすることで別ウィンドウに表示されます.是非ご覧下さい.  

教育目標およびカリキュラムの編成方針

教育課程表およびシラバス

教員一覧

職名 氏名 研究分野 校務分掌
教授

宇野直嗣

流体計測,超音速流,三次元CAD/CAE,三次元プリンタ,機械設計

学科長

岡田昌樹

設計工学,機械要素,電力系統工学,経営組織

5M担任, 寮務主事補

後藤孝行

機形状モデリング,CAD/CAM/CAE/CAT,スタイルデザイン

3M担任

准教授

横井直倫

光計測,光制御,レーザー,医用画像・バイオイメージング,ナノバイオサイエンス

専攻科長

杉本剛

材料組織,熱プロセス,表面改質,計算材料学

広報委員・学生相談室

千葉良一

材料力学,塑性加工,計算力学,複合材料

学生主事補

松岡俊佑

リコンフィギュラブルシステム,計測システム

4M担任

石向桂一

数値流体力学,圧縮・非圧縮流,乱流,航空宇宙流体力学

教務主事補・情報処理センター長

助教

菅結実花

切削加工,CAD,CAM,CAE,機械設計

卒業研究一覧

 第5学年での卒業研究において,機械工学の各分野の知識や技術を総合的に応用できる能力を身に付け,「自らものづくりができる技術者」を育成することを目指しています。

 2019年度は以下のテーマで卒業研究を実施しました。


担当部署:機械システム工学科

旭川高専のInstagramへ