1. ホーム>
  2. 学校案内>
  3. 本校の歴史

本校の歴史

創設

 高等専門学校は,深く専門の学芸を教授し職業に必要な能力を育成することを目的とし,中学校卒業程度を入学資格とした5年制の高等教育機関です。旭川高専は,全国に64校設置された高専(国立55校,公立6校,私立3校)の国立第1期校として昭和37年に創設されました。それ以来多くの実践的な技術者を育成し,わが国産業界の広い分野の発展に貢献し,高い評価を受けてきました。
 しかし,今日のような社会的・技術的に多様化・高度化の著しい時代にあっては,実践的な技術者の育成に加え,創造性豊かな研究開発型技術者の育成が求められるようになりました。このような要求に応えることを目的とし,従来の5年間の高専教育の上に修業年限2年の専攻科が,平成11年度に設置されました。

沿革

         

昭和37年

1月10日

旭川市に工業高等専門学校設置決定

2月24日
・25日

昭和37年度入学者選抜試験実施

4月 1日

昭和37年3月29日法律第36号により国立学校設置法の一部を改正する法律が公布され,旭川工業高等専門学校が設置された
機械工学科2学級(入学定員80名),電気工学科1学級(入学定員40名)

4月23日

開校式並びに入学式挙行,仮校舎に春光町の旧第七師団兵舎(現北海道教育大学教養学部附属旭川中学校所在地)を使用

昭和38年

3月31日

新校舎に移転

昭和40年

4月 1日

事務部課制施行される(庶務課,会計課)

昭和41年

4月 1日

工業化学科1学級(入学定員40名)が設置された

昭和42年

3月17日

第1回卒業証書授与式挙行

昭和43年

9月 3日

昭和天皇,香淳皇后両陛下本校を御視察

昭和45年

4月 1日

事務部に学生課が設置された

昭和47年

10月 7日

創立10周年記念式典挙行

昭和57年

9月21日

創立20周年記念植樹

昭和62年

10月 6日

創立25周年記念式典挙行(噴水,デジタル温度計,木彫「芽」設置)

昭和63年

4月 1日

機械工学科2学級を機械工学科1学級(入学定員40名)と制御情報工学科1学級(入学定員40名)に改組

平成10年

4月 1日

工業化学科を物質化学工学科に改組

平成11年

4月 1日

専攻科(生産システム工学専攻(入学定員12名),応用化学専攻(入学定員4名))が設置された

4月12日

第1回専攻科入学式挙行

平成13年

3月 9日

第1回専攻科修了証書授与式挙行

平成15年

4月 1日

電気工学科を電気情報工学科に名称変更

平成16年

4月 1日

国立学校設置法(昭和24年法律第150号)が廃止され,旭川工業高等専門学校は独立行政法人国立高等専門学校機構法(平成15年法律第113号)に基づき,独立行政法人国立高等専門学校機構旭川工業高等専門学校となった
機械工学科を機械システム工学科に名称変更

平成17年

5月12日

「環境・生産システム工学」教育プログラムがJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受ける

平成18年

2月14日

地域共同テクノセンター設置

3月20日

平成17年度の独立行政法人大学評価・学位授与機構が実施した高等専門学校機関別認証評価において,高等専門学校評価基準を満たしていることが認定された

平成19年

4月 1日

混合学級開始
事務部の庶務課,会計課を統合し総務課を置く

平成21年

4月 1日

技術室を改組し,技術創造部を置く

平成23年

4月 1日

制御情報工学科をシステム制御情報工学科に名称変更

平成24年

10月 5日

創立50周年記念式典挙行