1. ホーム>
  2. 学校案内>
  3. 教育システム>
  4. システム制御情報工学科・制御情報工学科の教育目標(本科)

システム制御情報工学科・制御情報工学科の教育目標(本科)

 コンピュータ及び情報技術は,電化製品や自動車等の産業製品,それら製品を製造する生産機械や産業ロボット,さらには金融・物流システム等に組み込まれており,現代社会にとって欠くことのできない基盤技術である。コンピュータの応用技術は,その構成要素であるマイクロプロセッサ,電気・電子部品,機械部品等のハードウェア技術と,これらをシステムとして有機的に結合し目的の機能を発揮させるソフトウェア技術から成り立っている。したがって,それらを統合するためには,機械・電気・情報をはじめとする多様な領域にまたがる知識とシステム制御の技術を身に付けることが必須である。このような複合領域にまたがる技術に対応できる技術者への社会的・国際的要請は,今後もますます強くなると考えられる。
システム制御情報工学科では,「コンピュータ中心のシステム作り」をキーワードとして、情報技術と機械工学,電気工学等の基礎が融合した複合領域分野で活躍できる国際的視野を持った技術者を育成することを目的とする。具体的には,以下の項目を教育目標とする。

  • コンピュータ応用技術に関する専門科目と実験・実習を通して,コンピュータを道具として自在に操る情報技術を持たせる。
  • 機械工学,電気・電子工学に関する専門科目と実験・実習を通して,ものづくりの基礎となる知識を習得させるとともに,ものづくりのセンスを磨かせる。
  • 情報技術,機械工学及び電気・電子工学を融合させた分野である画像・計測システム,情報システム,制御システム,メカニカルシステム等の複合領域の技術を持たせる。
  • 卒業研究を通して,学んだ知識を総合的に応用して国際的視野を持って創造する力を育てる。