1. ホーム>
  2. 学校案内>
  3. JABEE

JABEE

本校の「環境・生産システム工学」教育プログラムは,JABEE認定プログラム(工学(融合複合・新領域)関連分野)として認定を受けています。
 なお,平成21年度に認定継続審査を受審しました。

1.教育プログラム

教育プログラム名 :環境・生産システム工学
分      野 :工学(融合複合・新領域)関連分野

2.教育プログラムの学習・教育到達目標

A)地域社会,産業社会の様々な要求に応えるために既存の情報機器・分析機器を使いこなし,新しい技術にも対応できる能力を持った技術者の育成
A-1)数学・自然科学・情報技術に関する知識を有し,それを活用することができる。
A-2)基礎工学の知識・能力をもとに,地域・社会の要求を理解し,それに対応することができる。
A-3)基礎的実験・実習の技術を習得し,それを活用することができる。
B)日本及び世界の歴史,文化に対する知識と教養に基づいて物事を認識するとともに,科学技術が社会や自然環境に及ぼす影響を考慮し,その社会的責任を自覚する技術者倫理を持った技術者の育成
B-1)日本の文化について理解し,説明することができるとともに,文化の多様性を認識することができる。 
B-2)地球的視点から多面的に物事を考え,自己の教養を高めるための努力を継続することができる。
B-3)専門分野の知識と社会的良識に基づいた職業倫理を持ち,自己の技術や行為が社会に及ぼす影響について考慮することができる。
C)論理的思考に支えられた明晰な日本語を用いて記述し発表する能力,学会等において討議できるコミュニケ-ション能力及び国際的な場でのプレゼンテ-ション等の基礎的コミュニケ-ション能力を持った技術者の育成
C-1)適切な日本語を用いて,記述・発表・討議することができる。
C-2)外国語による基礎的コミュニケーションができる。
C-3)英語で記述された技術論文,取扱説明書等を理解することができる。
D)多様な工業技術システムを理解し,地球環境に優しい技術開発や研究を遂行できるエンジニアリングデザイン能力を持った技術者の育成
D-1)基礎工学及び専門工学に関する知識・技術を有し,それを活用することができる。
D-2)データを分析・解釈し,正しく結論を導き出すことができる。
D-3)工学全般の知識・技術をもとに,環境に配慮した技術開発や研究を企画し,遂行することができる。
E)多角的視点で自ら考え,新たな価値を創造・開発することができ,それをシステム化する,あるいは再構築する能力を持った技術者の育成
E-1)共通的工学関連分野の基本的な知識を有し,さらに自主的・継続的に学習することができる。
E-2)チーム活動を通してメンバーの同意形成を図り,協調しながら一つの目的を成し遂げることができる。
E-3)複眼的な思考能力をもとに,創造性を発揮して新たな課題を探求し,解決することができる。

 上記の学習・教育到達目標については,平成21年度のJABEE認定継続審査の指摘を受けて,真意が伝わりやすい表現になるように慎重に文言の推敲を行ない,平成23年度末に(A)~(B)の5つの大項目とA-1)~E-3)の15のサブ項目を全面的に改善しました。

3.教育プログラムで養成しようとする技術者像

 教育プログラムで養成しようとする技術者は,工業の基幹分野である機械工学,電気工学,制御情報工学,物質化学工学などのそれぞれの専門分野の知識をベースに,異なる分野の知識をも活用し,融合・複合化の進んでいる多様な工業技術システムに関して,地球環境にやさしい技術や研究開発を企画,設計,デザインできる能力を持った技術者です。また,技術の社会における役割をしっかり把握し,つねに日本及び世界の歴史,文化を視野に収め,科学技術が社会や自然環境に及ぼす影響を考察し,その社会的責任を自覚する技術者倫理を持った技術者です。

 このように,教育プログラムでは,多角的な視点で自ら考え,新たな価値を創造・開発でき,それをシステム化し,あるいは再構築する能力を持った技術者を養成することを目指しています。

4.教育プログラムとJABEE基準との対応

JABEE基準
  • (a)地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
  • (b)技術が社会や自然に及ぼす影響や効果,及び技術者が社会に対して負っている責任に関する理解(技術者倫理)
  • (c)数学及び自然科学に関する知識とそれらを応用する能力
  • (d)当該分野において必要とされる専門的知識とそれらを応用する能力
  • (e)種々の科学,技術及び情報を活用して社会の要求を解決するためのデザイン能力
  • (f)論理的な記述力,口頭発表力,討議等のコミュニケーション能力
  • (g)自主的,継続的に学習する能力
  • (h)与えられた制約の下で計画的に仕事を進め,まとめる能力
  • (i)チームで仕事をするための能力

なお,(d)では工学(融合複合・新領域)関連分野等の分野別要件(勘案事項)として次の基準があります。

  • (1)専門工学(工学(融合複合・新領)における専門工学の内容は申請高等教育機関が規定するものとする)の知識と能力
  • (2)いくつかの工学の基礎的な知識・技術を駆使して実験を計画・遂行し,データを正確に解析し,工学的に考察し,かつ説明・説得する能力
  • (3)工学の基礎的な知識・技術を統合し,創造性を発揮して課題を探求し,組み立て,解決する能力
  • (4)(工学)技術者が経験する実務上の問題点と課題を理解し,適切に対応する基礎的な能力

本校の教育プログラム学習・教育到達目標とJABEE基準の対応表

(新基準)

                             
JABEE基準   (a) (b) (c) (d) (e) (f) (g) (h) (i)
学習・教育目標 (1) (2) (3) (4)
(A) A-1                      
A-2                      
A-3                    
(B) B-1                      
B-2                      
B-3                      
(C) C-1                    
C-2                      
C-3                      
(D) D-1                    
D-2                      
D-3                
(E) E-1                  
E-2              
E-3                  

(旧基準)

JABEE基準   (a) (b) (c) (d) (e) (f) (g) (h)
学習・教育到達目標 (1) 2)-a 2)-b 2)-c 2)-d
(A) A-1                      
A-2                      
A-3                    
(B) B-1                      
B-2                      
B-3                    
(C) C-1                    
C-2                      
C-3                      
(D) D-1                    
D-2                    
D-3                
(E) E-1                  
E-2                
E-3                  

◎は主体的に含んでいる
○は付随的に含んでいる

5.JABEEに対するこれまでの取り組み

                                                                                                                                                               
平成12年 10月 25日 北海道工学教育協会シンポジウム「技術者認定制度について」(北海道大学)
平成13年 5月 22日 工学教育連合講演会「技術者教育認定制度の確立に向けて」-JABEE試行の報告と今後-(工学院大学)
平成13年 6月 8日 宮城高専・四ツ柳校長講演「JABEEの最近の状況と国立工業高等専門学校のとるべき対応について」
平成13年 10月 9日 運営委員会において「JABEE対応準備委員会」が運営委員会の下部組織として発足
平成13年 10月 24日 北海道工学教育協会シンポジウム「技術者教育認定制度と最近の産業界を取り巻く技術者教育の動向について」(北海道大学)
平成13年 11月 12日 JABEE対応準備委員会(第1回)開催
平成13年 12月 7日 平成13年度北海道工業教育協会創造工学教育研究集会(北海道大学)
平成13年 12月 10日 JABEE対応準備委員会(第2回)開催
平成13年 12月 20日 JABEE対応準備委員会(第3回)開催
平成14年 3月 8日 徳山高専・専攻科長・森野数博教授特別講演「JABEEの工学(新分野,融合・複合)分野への対応について」
平成14年 3月 19日 JABEE対応準備委員会(第4回)開催
平成14年 3月 20日 JABEE対応準備委員会が報告書を校長に提出。報告書内容としては,①申請時期は平成16年度 ②全校的なコンセンサスを得る ③申請区分は工学(融合複合・新領域)
平成14年 3月 20日 運営委員会でJABEE対応準備委員会の報告書について報告
平成14年 3月 27日 国専協「JABEE試行審査報告会」(東京医科歯科大)
平成14年 4月 12日 運営委員会において,平成16年度を目標としてJABEE認定を受けることおよび具体の検討を行う組織としてJABEE対応委員会の設置が了承
平成14年 7月 9日 運営委員会において,JABEE対応委員会メンバーの報告
平成14年 8月 21日 JABEE対応委員会(第1回)開催
平成14年 9月 27日 JABEE対応委員会(第2回)開催
平成14年 10月 8日 運営委員会において,片山JABEE対応委員会委員長から,本校の教育プログラム名,学習・教育目標等について説明
平成14年 10月 21日 日本工学教育協会 「工学(複合融合・新領域)分野」審査員養成研修会受講
平成14年 12月 24日 JABEE対応委員会(第3回)開催
平成15年 1月 22日 JABEE対応委員会(第4回)開催
平成15年 2月 10日 JABEE対応委員会(第5回)開催
平成15年 3月 10日 宮城高専・専攻科長・庄司 彰教授特別講演「JABEE審査に向けた取組について」
平成15年 3月 11日 運営委員会において,本校の教育プログラム名,学習・教育目標了承
平成15年 3月 26日 国専協「JABEE試行審査報告会」(東京医科歯科大)
平成15年 4月 9日 JABEE対応委員会(第1回)開催委員長から、平成14年度の委員会の活動について報告後、自己点検書を作成するための3つの部会の設置が了承
平成15年 4月 15日 運営委員会において、平成15年度のJABEE対応委員会の構成員について、及び自己点検書を作成するための3つの部会の設置について報告
平成15年 5月 12日 教官会議において、JABEE受審に伴い必要となるテスト等の収集方法等について説明
平成15年 6月 14日 平成15年度工学教育協会連合講演会「本格化した技術者教育認定制度」-JABEE認定プログラムの事例紹介を中心として-(早稲田大学大隈講堂)
平成15年 9月 10日 JABEE対応委員会(第2回)開催
平成15年 9月 24日 JABEE対応委員会各部会全体会議(第1回)開催
平成15年 9月 27日
28日
国専協JABEE受審対応研究会受講(新日鉄幕張研修センター)
平成15年 10月 28日 JABEE対応委員会各部会全体会議(第2回)開催
平成15年 10月 29日 JABEE対応委員会(第3回)開催
平成15年 12月 2日 JABEE対応委員会(第4回)持ち回り開催
平成15年 12月 4日 JABEE審査員養成研修会受講(千葉市)
平成16年 1月 28日 JABEE対応委員会各部会全体会議(第3回)開催
平成16年 1月 28日 (社)日本工学教育協会専務理事・椿原 治氏特別講演「技術者教育認定制度について」
平成16年 2月 9日 JABEE対応委員会各部会全体会議(第4回)開催
平成16年 3月 5日
6日
平成16年度工学(複合融合・新領域)のプレビュー会議出席
平成16年 3月 18日 教員会議において,平成16年度工学(複合融合・新領域)のプレビュー会議での指摘事項等について説明
平成16年 3月 19日 JABEE対応委員会各部会全体会議(第5回)開催
平成16年 4月 13日 JABEE対応委員会(第1回)開催
平成16年 6月 3日 教員会議において,「環境・生産システム工学」教育プログラム点検改善委員会における検討状況等について説明
平成16年 6月 4日 JABEE対応委員会(第2回)開催
平成16年 6月 29日 JABEE対応委員会(第3回)開催
平成16年 8月 25日 JABEE対応委員会(第4回)開催
平成16年 10月 13日 JABEE対応委員会(第5回)開催
平成16年 11月 12日 JABEE対応委員会(第6回)開催
平成16年 11月 15日
~17日
JABEE実地審査受審
平成16年 12月 9日 JABEE対応委員会(第7回)開催
平成17年 2月 3日 JABEE対応委員会(第8回)開催
平成17年 5月 16日 JABEE認定(5月12日付け)
平成17年 8月 26日 平成16年度JABEE認定「環境・生産システム工学」教育プログラム修了証書授与式
平成18年 3月 10日 平成17年度JABEE認定「環境・生産システム工学」教育プログラム修了証書授与式
平成18年 4月 27日 JABEE対応委員会(第1回)開催
平成18年 7月 20日 JABEE対応委員会(第2回)開催
平成18年 10月 2日 JABEE対応委員会(第3回)開催
平成18年 11月 8日 JABEE対応委員会(第4回)開催
平成18年 11月 13日
14日
JABEE中間審査実地審査受審
平成19年 5月 14日 JABEEの中間審査認定(平成18年4月1日~平成21年3月31日の3年間)
平成19年 8月 1日 JABEE対応委員会(第1回)開催
平成19年 8月 24日 平成18年度JABEE認定「環境・生産システム工学」教育プログラム修了証書授与式
平成19年 9月 4日 JABEE対応委員会(第2回)開催
平成19年 12月 4日 JABEE対応委員会(第3回)開催
平成20年 3月 10日 JABEE対応委員会(第4回)開催
平成20年 3月 14日 平成19年度JABEE認定「環境・生産システム工学」教育プログラム修了証書授与式
平成20年 7月 22日 JABEE対応委員会(第1回)開催
平成21年 3月 17日 平成20年度JABEE認定「環境・生産システム工学」教育プログラム修了証書授与式
平成21年 4月 13日 JABEE対応委員会(第1回)開催
平成21年 4月 20日 「環境・生産システム工学」教育プログラムに関する説明会開催
平成21年 6月 19日 JABEE対応委員会(第2回)開催
平成21年 7月 13日 JABEE対応委員会(第3回)開催
平成21年 11月 10日 JABEE対応委員会(第4回)開催
平成21年 11月 11日 JABEE対応委員会(第5回)開催
平成21年 11月 13日 JABEE対応委員会(第6回)開催
平成21年 11月 15日
~17日
JABEE認定継続審査実地審査受審
平成21年 11月 27日 JABEE対応委員会(第7回)開催
平成22年 1月 8日 シラバスに関する説明会開催
平成22年 1月 21日 JABEE対応委員会(第8回)開催
平成22年 3月 4日 JABEE対応委員会(第9回)開催
平成22年 4月 14日 「環境・生産システム工学」教育プログラムに関する説明会開催
平成22年 5月 13日 平成21年度JABEE認定「環境・生産システム工学」教育プログラム修了証書授与
平成22年 7月 15日 JABEE対応委員会(第1回)開催
平成23年 1月 13日 JABEE対応委員会(第2回)開催
平成23年 3月 16日 平成22年度JABEE認定「環境・生産システム工学」教育プログラム修了証書授与式
平成23年 5月 11日 「環境・生産システム工学」教育プログラムに関する説明会開催
平成23年 10月 20日 JABEE対応委員会(第1回)開催
平成24年 3月 14日 JABEE対応委員会(第2回)開催
平成24年 3月 16日 平成23年度JABEE認定「環境・生産システム工学」教育プログラム修了証書授与式
平成24年 4月 11日 「環境・生産システム工学」教育プログラムに関する説明会開催
平成24年 4月 26日 JABEE対応委員会(第1回)開催
平成24年 7月 11日 JABEE対応委員会(第2回)開催
平成24年 10月 19日 JABEE対応委員会(第3回)開催
平成24年 11月 6日 JABEE対応委員会(第4回)開催
平成24年 11月 19日 JABEE対応委員会(第5回)開催
平成25年 1月 7日 JABEE対応委員会(第6回)開催
平成25年 3月 21日 JABEE対応委員会(第7回)開催
平成25年 9月 10日 JABEE対応委員会(第1回)開催
平成26年 3月 3日 JABEE対応委員会(第2回)開催
平成26年 4月 25日 JABEE対応委員会(第1回)開催
平成26年 9月 25日 JABEE対応委員会(第2回)開催
  • JABEEカリキュラム
    (「環境・生産システム工学」教育プログラムにおける一般基礎科目・基礎工学科目・専門工学科目の分類表)
  • (「環境・生産システム工学」教育プログラムにおける科目系統図)
  • 教育活動に関する主要委員会等連携図

担当部署:学生課