1. ホーム>
  2. 学科・専攻科>
  3. 物質化学工学科

物質化学工学科

明日を開く物質化学の世界へ

 物質化学工学科は,物質の性質や変化の仕方を調べる化学を勉学の基礎として います。我々の生活は高機能,多機能の製品によって便利で豊かになっていますが,それらの製品 のすべてを支えているのが化学です。また,このような便利な生活を将来にわたって続けていくた めには,高機能,多機能なだけでなく地球環境にやさしい製品であることが求められています。

 物質化学は,食料,医療,環境保全,エネルギー,情報,材料など,現 代生活のすべてを支えるあらゆる分野の基礎と,地球上の有限な資源をもとに将来にわたって豊か な生活を持続させるための役割を担っています。化学の楽しさと重要な使命を学び,想像力豊かな 人に成長することを望んでいます。

     

教員一覧

 

職名 氏名 研究分野 校務分掌
教授

小林 渡

科学教育,発生生物学

 

富樫 巌

微生物制御

男女共同参画推進室長

津田 勝幸

有機化学,高分子化学

副校長(総務担当)

宮越 昭彦

環境技術・環境材料,触媒・資源化学プロセ ス

学科長
衛生管理者

古崎 睦

環境関連化学,無機材料・物性

寮務主事
副校長(寮務担当)

梅田 哲

高分子化学,有機化学

 

准教授

杉本 敬祐

構造生物学

学生主事補

千葉 誠

物理化学,電気化学,腐食防食化学

3C学級担任

小寺 史浩

電気分析化学

5C学級担任
衛生管理者

堺井 亮介

高分子化学,機能物質化学

専攻主任

松浦 裕志

生物資源化学,天然物有機化学,化学生態学

4C学級担任

助教

兵野 篤

界面電気化学

 

教育目標およびカリキュラムの編成方針

教育課程表およびシラバス

卒業研究一覧

 物質化学工学科は,食料,医療,環境保全,エネルギー,情報,材料など,現 代生活のすべてを支えるあらゆる分野の基礎と,地球上の有限な資源をもとに将来にわたって豊か な生活を持続させるための役割を担う技術者を育成しています.第5学年での卒業研究では,2015 年度は下のようなテーマを下に卒業研究を進めておりました。

  • メタン分解法で生成される機能性炭素の酸素還元反応と粒子径の影響
  • 光化学反応により生成した塩素系化学種の電気化学的検出
  • アノード酸化皮膜形成によるアルミニウム管外壁の防食に関する研究
  • マイクロカプセルを用いた自己修復能を持つ新規塗膜の開発-カプセル 合成条件と塗膜の自己修復能-
  • 乾湿繰返し環境におけるアルミニウム合金の腐食機構解明
  • ‐20℃を用いた食用キノコ菌株の凍結保存の検討
  • エノキタケ菌株の非凍結保存 ―温度と保護液の検討―
  • ‐20℃を用いたトリコデルマ属菌株の凍結保存の試み ―供試菌株の生 死と変異の把握―
  • 簡易型熱フィラメントCVD法によるダイヤモンド合成(V)
  • ジャガイモの調理後黒変と窒素含有量の関係
  • ホタテ貝殻を用いた連続式バイオディーゼル燃料合成工程の開発
  • マイクロ波加熱を利用する低炭素化合物の直接分解
  • 電磁気特性を利用するメタン分解炭素の分離手法の確立
  • リン回収用Ca-Al系吸着剤の開発 -微細気泡の添加効果-
  • ホストーゲスト相互作用を用いた自己修復能を持つ生分解性ゲルの作成
  • 長鎖アルキル基を有するポリアスパラギン酸のヒドロゲル化剤としての 検討
  • ポリアスパラギン酸誘導体を用いた高分子ミセルの設計と合成
  • 2,3-dihydroxyphenylpropionate 1,2-dioxygenase (MhpB)のクローニン グ
  • Protocatechuic acid 2,3-dioxygenase (PraA) の酵素学的パラメータ の決定
  • イオン液体可視化剤の生体試料への応用
  • 金電極表面におけるイオン液体の電気化学的挙動の観察
  • 異方性をもつ銅-スズコアシェル粒子の創製研究
  • ピリレンメチン構造を主鎖に有する共役ポリマーの合成と機能評価
  • キラルアミノ基を有する金ナノ粒子の合成とキラル識別能の評価
  • フッ素を2個有するフェニルエチニルスチレン誘導体の合成に関する研 究~4-(2-(2,5-Difluorophenyl)ethynyl)styreneについて
  • エステル基を有する新規エチニルスチレン誘導体のラジカル重合および ポリマーの熱特性に関する研究~Benzyl 4-(2-(4-vinylphenyl)ethynyl)benzoateについて
  • 水生脊椎動物の生殖関連タンパク質の生化学的研究
  • 1H-DOSY(Diffusion-Ordered NMR Spectroscopy)法による緑藻 Botryococcus braunii NIES-836株由来炭化水素の定性分析
  • バイオマスエネルギー利用を目的とした旭川高専に設置の人工池に発生 する微細藻類の観察
  • Aurantiochytrium sp. NBRC102614株の至適酸素移動容量係数

担当部署:物質化学工学科