1. ホーム>
  2. 学科・専攻科>
  3. 物質化学工学科

物質化学工学科

明日を開く物質化学の世界へ

 物質化学工学科は,物質の性質や変化の仕方を調べる化学を勉学の基礎として います。我々の生活は高機能,多機能の製品によって便利で豊かになっていますが,それらの製品 のすべてを支えているのが化学です。また,このような便利な生活を将来にわたって続けていくた めには,高機能,多機能なだけでなく地球環境にやさしい製品であることが求められています。

 物質化学は,食料,医療,環境保全,エネルギー,情報,材料など,現 代生活のすべてを支えるあらゆる分野の基礎と,地球上の有限な資源をもとに将来にわたって豊か な生活を持続させるための役割を担っています。化学の楽しさと重要な使命を学び,想像力豊かな 人に成長することを望んでいます。

 

     

教員一覧

 

職名 氏名 研究分野 校務分掌
教授

小林 渡

科学教育,発生生物学

 

富樫 巌

微生物制御

男女共同参画推進室長

津田 勝幸

有機化学,高分子化学

副校長 (総務担当)

改革推進室長

技術創造部長

宮越 昭彦

環境技術・環境材料,触媒・資源化学プロセ ス

物質化学工学科長
衛生管理者

古崎 睦

環境関連化学,無機材料・物性

寮務主事
副校長(寮務担当)

梅田 哲

高分子化学,有機化学

専攻主任

准教授

杉本 敬祐

構造生物学

学生主事補

千葉 誠

物理化学,電気化学,腐食防食化学

4C学級担任

小寺 史浩

電気分析化学

衛生管理者

堺井 亮介

高分子化学,機能物質化学

3C学級担任

松浦 裕志

生物資源化学,天然物有機化学,化学生態学

5C学級担任

助教

兵野 篤

界面電気化学

 

教育目標およびカリキュラムの編成方針

教育課程表およびシラバス

卒業研究一覧

 物質化学工学科は,食料,医療,環境保全,エネルギー,情報,材料など,現 代生活のすべてを支えるあらゆる分野の基礎と,地球上の有限な資源をもとに将来にわたって豊か な生活を持続させるための役割を担う技術者を育成しています.第5学年での卒業研究では,2016 年度は下のようなテーマを下に卒業研究を進めておりました。

  • 生分解性を有するオイルゲルの合成とその機能評価
  • 光化学反応により生成した塩素系化学種の電気化学的検出
  • ホストーゲスト相互作用を利用した自己組織化ポリマーの合成
  • ボロン酸-カテコールの相互作用に基づくpH応答性自己組織化ゲルの合成
  • 塩素資源のエネルギー変換を指向した次亜塩素酸イオンの電極反応計測およびその解析
  • カーボンオニオン含有炭素粉粒体を電極材とする溶存塩素用電気化学センサの開発
  • オニオン構造を含む炭素粉粒体の電極触媒能の評価および表面改質
  • バイオセンシングを指向した酵素固定用担体の評価手法の確立
  • ジャガイモ含有窒素量と水煮黒変発生の相関について
  • BDF合成触媒としての焼成ホタテ貝殻の塩基特性に関する評価
  • 焼成ホタテ貝殻を用いた連続式BDF合成装置の作製と収率に及ぼす超音波照射の影響
  • リグニン二量体化合物代謝に関わる新規デカルボキシラーゼPhcFの精製・結晶化
  • リグニン二量体化合物代謝に関わる新規デカルボキシラーゼPhcGの精製・結晶化
  • バクテリア由来の芳香族側鎖二重結合還元酵素PlDBRの精製・結晶化
  • 日本沿岸水からの脂質生産微生物ラビリンチュラ類の探索とその評価法の確立
  • 北海道旭川淡水域のアオコの存在と栄養塩類の関係性(第2報)
  • 藻類由来オイルを原料とした高分子材料の開発-1-hexeneの単独重合-
  • 質量分析計を用いたトリオレインの分析法の確立
  • -20℃を用いたヒラタケ菌株とシイタケ菌株の凍結保存
  • 黒色真菌に対するラベンダーとハッカの精油成分の生育阻害性能 -モノテルペン類の組み合せ効果-
  • Tricoderma spp.菌株とPeniciillium spp.菌株の純水保存
  • 嵩高い置換基を有するフェニルエチニルスチレン誘導体の合成に関する研究 -4-(2-(4'-tert-butylphenyl)ethynyl)styreneについて-
  • フッ素を有するフェニルエチニルスチレン誘導体の合成とラジカル重合及びポリマーの熱特性に関する研究 -4-(2-(4'-trifluoromethylphenyl)ethynyl) styreneについて-
  • アノード酸化によるアルミニウム合金管材および扁平管の防食とその表面に形成される 皮膜形態について
  • アルミニウム合金表面に形成されるアノード酸化皮膜の形態と周期性細孔を利用した スクラッチシールド機構を有する耐食性アノード酸化皮膜の開発
  • マイクロカプセルを用いた金属防食用自己修復性塗膜の開発  -阻害溶媒添加によるカプセル合成条件の最適化-
  • 銅微粒子電着により作製した構造体の形態と規則性
  • 有機微粒子テンプレートを用いた高規則性二元系微粒子の創製
  • 高分子の電解重合による歯科矯正用器具の保護
  • 水分混入による親水性イオン液体の電気化学的挙動に対する影響
  • N-メチルピロールから誘導した新規ポリ(ピリレンメチン)の合成と機能評価
  • L-ロイシン由来アミド基を導入したポリ(フェニルアセチレン)の合成とキラル識別能の評価
  • キラルアミノ基で表面修飾されたCdSe/ZnS量子ドットの合成とキラル識別能の評価
  • 下等水生脊椎動物の生殖関連タンパク質の電気泳動による解析
  • マイクロ波加熱を利用するメタン直接分解反応 -分解エネルギー低減化に対するマグネシウムの作用-
  • マイクロ波加熱を利用するメタン直接分解反応におけるランタン成分の添加効果
  • リン回収用Ca-Al系吸着剤の開発 -リン吸着物からのリン回収-
  •  

担当部署:物質化学工学科