1. ホーム>
  2. 学科・専攻科>
  3. 物質化学工学科

物質化学工学科更新日:2018/09/05

明日を開く物質化学の世界へ

 物質化学工学科は,物質の性質や変化の仕方を調べる化学を勉学の基礎として います。我々の生活は高機能,多機能の製品によって便利で豊かになっていますが,それらの製品 のすべてを支えているのが化学です。また,このような便利な生活を将来にわたって続けていくた めには,高機能,多機能なだけでなく地球環境にやさしい製品であることが求められています。

 物質化学は,食料,医療,環境保全,エネルギー,情報,材料など,現 代生活のすべてを支えるあらゆる分野の基礎と,地球上の有限な資源をもとに将来にわたって豊か な生活を持続させるための役割を担っています。化学の楽しさと重要な使命を学び,想像力豊かな 人に成長することを望んでいます。

 

     

教員一覧

 

職名 氏名 研究分野 校務分掌
教授

小林 渡

科学教育,発生生物学

 

富樫 巌

微生物制御

男女共同参画推進室長

津田 勝幸

有機化学,高分子化学

副校長 (総務担当)

改革推進室長

技術創造部長

宮越 昭彦

環境技術・環境材料,触媒・資源化学プロセ ス

物質化学工学科長
衛生管理者

古崎 睦

環境関連化学,無機材料・物性

3C学級担任

梅田 哲

高分子化学,有機化学

寮務主事
副校長(寮務担当)

准教授

杉本 敬祐

構造生物学

千葉 誠

物理化学,電気化学,腐食防食化学

5C学級担任

小寺 史浩

電気分析化学

専攻主任
衛生管理者

堺井 亮介

高分子化学,機能物質化学

4C学級担任

松浦 裕志

生物資源化学,天然物有機化学,化学生態学

学生主事補

助教

兵野 篤

界面電気化学

 

教育目標およびカリキュラムの編成方針

教育課程表およびシラバス

卒業研究一覧

 物質化学工学科は,食料,医療,環境保全,エネルギー,情報,材料など,現 代生活のすべてを支えるあらゆる分野の基礎と,地球上の有限な資源をもとに将来にわたって豊か な生活を持続させるための役割を担う技術者を育成しています.第5学年での卒業研究では,2017 年度は下のようなテーマを下に卒業研究を進めておりました。

  • 温度応答性ポリアスパラギン酸ゲルの合成 ー置換基による吸⽔量の⽐較ー
  • 温度応答性ポリアスパラギン酸ゲルの合成 ー⾊素の吸収・放出挙動ー
  • ⾷⽤菌・菌株の菌体ディスク法による⾮凍結保存の可能性
  • ⿊⾊真菌・菌株の純⽔保存
  • ⿊⾊真菌に対するラベンダー油とその揮発成分の防カビ性能評価-⽔分活性との組み合わせ効果-
  • シアノ基を有するフェニルエチニルスチレン誘導体の合成ー4-(2-(4'-cyanophenyl)ethynyl)styreneについてー
  • 嵩⾼い置換基を有するフェニルエチニルスチレン誘導体の合成とラジカル共重合性及び得られた ポリマーの熱特性に関する研究 ー4-(2-(4'-tert -butylphenyl)ethynyl)styreneについてー
  • ポリエチレングリコール鎖とキラルアミノ基で表⾯修飾されたCdSe/ZnS量⼦ドットにおける 蛍光キラル識別
  • L-イソロイシン由来アミドレセプターを有する ポリ(フェニルアセチレン)の ⽐⾊キラル センシング
  • ⾦属内包多層フラーレンを含有する⾦属-炭素粉粒体の⾼純度化およびその応用
  • アノード酸化による Al および Al 合⾦の耐⾷性と合⾦元素によるブロッキング
  • Al 合⾦表⾯に形成したスクラッチシールド⽪膜の耐⾷性とその定量評価法の確立
  • 宇宙⼤型構造物展開技術確⽴に向けた硬化剤内包マイクロカプセルの合成
  • マイクロ波を利⽤するメタン直接分解反応 -触媒のミリング処理の影響-
  • マイクロ波加熱を利⽤するメタンドライリフォーミングプロセスの開発 -触媒⾦属種の選定-
  • 耐熱性フィチン酸分解菌のスクリーニング条件の検討
  • シロイヌナズナ由来⼦コニフェルアルデヒド⼆重結合還元酵素変異体の精製と結晶化条件の検討
  • リグニン分解菌由来デカルボキシラーゼPhcFの精製と結晶化条件の検討
  • BDF合成におけるホタテ⾙殻焼成物の触媒活性に及ぼすメタノール浸漬処理の影響
  • 簡易型熱フィラメントCVD法によるダイヤモンド合成(VI)ー基板温度と析出時間の影響ー
  • ⼈⼯池に発⽣した微細藻類の観察および脂質分析
  • ⽇本各地の海⽔および湖沼⽔由来油脂⽣産微⽣物の単離および脂質分析
  • 抗酸化作⽤を有するカロテノイドを⽣産する微細藻類の探索
  • 銅粒⼦電着により作成した電極の形態制御
  • ELECTROREDUCTION OF CO2 WITH POROUS Cu ELECTRODE
  • コロイド結晶をテンプレートとした粒⼦表⾯パターニング法
  • ⽔⽣脊椎動物の卵⼦関連タンパク質の⽣化学的研究
  •  

担当部署:物質化学工学科