1. ホーム>
  2. 学科・専攻科>
  3. 機械システム工学科

機械システム工学科

機械工学・・・産業を支える基幹技術

 自動車や航空機などの輸送機械,テレビや冷蔵庫などの家電製品,時計やカメラなどの精密機械だけでなく,プラスチック製品や衣料品さらには加工食品などを作るときにも機械工学の知識が必要です。
 このように機械工学を学んだエンジニアは,工業製品を生産するすべての分野で必要とされており,特に最近では,従来の機械工学の知識に,コンピュータの知識を応用・融合させることが求められています。
 そのため,機械システム工学科では,全学年において,コンピュータを使った授業を行いながら,各分野(熱・流体,材料・材力,生産・設計,情報・制御)の授業で専門知識や技術を学び,機械実習・製図・機械工学実験や第5学年での卒業研究などにおいて総合的に応用していきます。


 学科紹介パンフレットが,以下のリンクをクリックすることで別ウィンドウに表示されます.是非ご覧下さい.  
 bullet027.gif 機械システム工学科パンフレット  pdf_middle.gif

教員一覧

職名 氏名 研究分野 校務分掌
教授

立田 節雄

燃焼工学

尞務主事補

石井 悟

材料力学

機械システム工学科長

岡田 昌樹

設計工学・機械機能要素,エネルギー,経営学

校長補佐(産学連携・研究推進担当)

地域共同テクノセンター長

研究推進室長

後藤 孝行

設計工学・機械機能要素,形状処理工学

学生総合支援センター長

学生相談室長

宇野 直嗣

流体工学

5M学級担任

准教授

横井 直倫

計測工学

専攻主任

千葉 良一

生産工学・加工学,材料加工・組織制御工学

3M学級担任

石向 桂一

数値流体力学

4M学級担任

助教

松岡 俊佑

計算機システム

 

教育目標およびカリキュラムの編成方針

教育課程表およびシラバス

卒業研究一覧

 第5学年での卒業研究において,機械工学の各分野の知識や技術を総合的に応用できる能力を身に付け,「自らものづくりができる技術者」を育成することを目指しています.
 2016年度は以下のテーマで卒業研究を実施しました.

  • 変形車輪の開発
  • 動スケートボードの開発
  • ワッフル用鋳造プレートの製作
  • 減風壁風車の研究
  • 階段昇降機構の研究
  • 海氷表層の結晶粒界におけるブライン形成量の推定
  • イメージベース結晶塑性解析のTi-6Al-4V合金への適用
  • 機械機構教材の開発
  • 陸上競技支援ロボットの開発
  • 統合開発エンジンを活用した三角形メッシュデータ処理
  • 長尺アルミ角パイプ加工機の開発
  • 超音波を用いた障害物検知システムのための狭指向性超音波センサの製作
  • ホワイトボックスAES暗号回路のFPGAによる実装と消費電力の測定
  • カセットガス暖房機の熱的性能と排気特性
  • 輝炎の色と明るさに関する数値計算(すす密度の影響)
  • 牧草の火格子燃焼特性におよぼす含水率の影響
  • オートローテーション用プロペラの性能解析
  • 低速域における流速計測用実験装置の開発
  • 気流の可視化のための発煙装置の改良と光源の製作
  • 射出成形用金型の製作と樹脂充填
  • 水中ナノ粒子の運動の光学的制御に関する数値シミュレーション
  • 衝撃荷重を受ける門型構造物の応力解析
  • テニスラケットの3次元有限要素解析
  • アイソパラメトリック要素を用いた熱平衡問題の有限要素解析

 

担当部署:機械システム工学科